結婚式の服装マナー

結婚式に着ていくドレス

結婚を祝福する装いで

結婚式に招待された経験のある人の中には、目を疑うような服装の招待客を目にしたことがあるかもしれません。結婚式の主役である花嫁の色の白一色のドレス姿の人、ひざが丸見えで下着まで見えそうなスカート丈の人、まるでどこかのお姫様のようにキラキラと輝くアクセサリーをジャラジャラと身につけている人など、自分では似合っていると思っていても周囲からは強烈に浮いている服装をしてしまうと、結婚する新郎新婦にこのような非常識な友人がいるという事は、同じようなレベルの人でこの結婚は失敗するのではないかと思われかねません。自分の服装を今一度確認してみましょう。

結婚式に招待されたときのドレス

結婚式の招待状が届いて、喜んで出席の返事をしたのはいいけれど、着ていく服に迷うことはよくあります。初めて結婚式に出席する場合は、なおさら何を着ていけばいいのか戸惑うでしょう。とりあえず手持ちのワンピースを着ていけばいいかと気楽に考えていると、結婚する友人に恥をかかせかねません。非常識な服装をしていると、結婚する新郎新婦が同じようなレベルの人だと他の招待客に誤解されてしまうからです。かといってヘタに気合を入れたドレスを着ると、会場の雰囲気や時間帯に合わずに浮く恐れがあります。どのような式場か調べ、時間帯にふさわしいドレスを選びましょう。

↑PAGE TOP